2017年3月 2日 (木)

誤解されやすい人

「ありがとう」が言えるのに、他人から誤解されやすい人がいる。

「ありがとう」が言えたら良しと思うのにねhappy01

それさえ言えない人もいるのにねhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月29日 (日)

復活!!

約1年間ほど放置されていた関係が、また復活しそうになった。

というより、完全に復活してしまった。

あの1年間は楽だったなぁsign02

心のすみっこでは、いつも気になっていたのだけど・・・このまま縁が切れることはないだろうとは感じていたのだ。

復活したらしたで面白いし、興味があるし、役にたっている。

さあて、この縁がどういうふうに流れていくのかなぁ

なるようになるさ、ケ・セラ・セラwobblyup

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月 8日 (木)

ウソのようなホントの話

信じてもらえるだろうか?

応募券を集めて送ると、抽選で人気キャラクターのアレがもらえるとのこと。

孫と遊ぶのにちょうどいいと思って、締め切り間際にやっと集めて送った。

ところが、数日経ったころに会社から1通の手紙が届いた。

「これは当たったにちがいない」

そう思って、ワクワクしながら封を開けた。

中には、切手を貼られた返信用の封筒と、私が送ったハガキが入っていた。

文面には、「応募シールの枚数が足りません。貼りなおして送り返してください」と書いてある。

今からシールを探してもあるわけないし、だいいち枚数が少なかったとはあり得ない。

返信用封筒まで入れてくれて、なんという親切なお方なのだろう。

もし、応募シールを増やして貼って送ったら、あの人気キャラクターを当ててくれるのだろうか?

そのお方は、私のハガキに同情したのだろうか?

今から送っても締め切りに間に合わないのに、どうしてこんなことをするのだろうか?

会社を疑うというより、このようなおせっかいをした社員を疑う。

わけがわからないけれど、あの会社のイメージアップにつながったかな?

きっと、いいPRになったに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年10月20日 (木)

考えは甘かった・・・

待ちに待った1次審査突破の発表だった。

なんと!

あれほど自信作だったのに、私の名前が載っていない。

100名も選ばれるのに、私が選ばれていないってことは何?

某出版社が募集したエッセイに応募したのだった。

原稿用紙10枚という短いエッセイだった。

これでいいだろう・・・と確実な校正をして送ったのだった。

賞金の使い道を考えていたのに、1次審査にさえ落選するとはショックだ!

まぁいいか!

次はどこに応募しようかなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年10月11日 (火)

おお!! あぶない・あぶない!!!

疲れていたのだろうか?

それとも、昼寝なしで睡魔が襲っていたのだろうか?

オートマ車の運転がフッとわからなくなったimpact

マニュアル車と混同してしまった。

「左足は遊んでいてもいいんだよね」

というのは、うっかりと左足をブレーキの上に乗せたまま走ったのだ。

「この車はおかしいぞ」と自分の間違いに気がつかない。

もう一度言う。

「左足は遊んでいてもいいんだよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年10月 3日 (月)

あんな時代もあったなぁ

外の灯りをつけていると、案の定、虫たちがやってきた。

「電気がおいしいんじゃないのrestaurant

とろろこんぶのおにぎりriceballを食べていると、指にこんぶがついて四苦八苦している。

「好きなんじゃないのheart02

熊さんのスポンジをシワクチャにして洗っていた。

「そんなにしたら、熊さんが痛いって言うよhappy02

ああ、私もこんな時があったはず・・・・sign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年6月20日 (月)

情けないことになった!

ときめきheart02 ときめきheart04

なあ~んて言っていると、いかにも若々しい感じがするけれど・・・

今日ほど、情けない思いがして泣き笑いしたことは初めてだったsadsweat01

いつものように車を運転していた。

大きなミラーに黒い乗用車が映っているではないか。

しかも、自分に向かって走ってきた・・・。

とっさに車の運転を止めてミラーの中の車に道を譲ろうとした。

笑いはこれからだsign03

情けないことに、自分の車を見て人の車だと勘違いしたわけだ。

(;´д`)トホホ・・・

私の頭も、だんだんとアヤシクなってきたようだ。

いや、心を入れ替えて、明日からまた「ときめき」を探そうhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年4月16日 (土)

ときめき方いろいろ

ときめくか、ときめかないか?

物事を決めるのに大事なことだ。

物を捨てるのにも使うし、進路を選択する時にも使う。

こんなに便利な気持ちがあることに感謝する。

さあ、明日のアレもときめくかな?

ときめかなかったらどうするの?

もちろん、やめることにする!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年1月10日 (日)

ますます冴える霊感かな・・・

昔から霊感の強いタイプだと思っていたけれど、再認識することが起きた。

今年の初夢nightである。

顔見知りのおばあちゃんが、「あなたに靴下あげる」と言って出てきた。

さっぱり意味がわからなかったけれど、一応もらった。

あれから間もないある日のこと。

ちょっとあげたい物cakeがあってお宅に行った。

玄関は開いているし、奥の部屋の電気もついている。

それなのに出てこない。

聞こえなかったのかなぁと思い、品物を玄関に置いてきた。

なんかスッキリしないので、息子さんに電話をかけて聞いてみたtelephone

「足が動かなくて出てこれなかったのや」と言われた。

えっsign03

年末にはお会いしたのに、足が悪くなったのは新年か、それともごく最近のことか・・・。

ははぁ~んsign01

それで靴下を私にくださったのだね。

自分は二度と履けないと思ったにちがいない。

あまり大きな声で言えないけれど、年が年だから、たぶん寝たきりになるだろうなぁdown

明日は我が身ということで、自分も気をつけようっとeye

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月 6日 (月)

これも才能かもね

お祭りの「餅まき」で拾ったお餅を3個もらったhappy01

これだけでも嬉しいのに、そう~っと胸のポケットに1個入れるヤツがいたsign01

「これはオレの気持ちだよ」と、入れたポケットのチャックを閉める。

エエ~ッsign03

そんなことをしてくれるのは、5歳の孫であるheart01

この子の世渡り上手は以前から感じていた。

大人の心理をよく知っている。

甘え上手というか、トンチがいいというか・・・とても面白い男の子だdenim

教えたわけでもないのに、自然と行動できるのは才能としか思えない。

どんな青年に成長していくのか心配半分、楽しみ半分happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年2月25日 (水)

涙を誘う演出

その小学校に、子供も孫もいないのに・・・

ひょんなことから招待を受けて、「6年生を送る会」に出席させていただきました。

下級生・先生方・保護者のみなさんが、卒業生をもてなしてくれるのです。

いろいろな思い出のビデオを音楽と共に流す時には、本当にジ~ンときました。

まるで、卒業式の練習みたいでした。

やっぱり、感動する時は感動するsign01

涙が出る時はみんな同じ。

人間って、それが当たり前なんだよねhappy01notes

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年1月31日 (土)

落し物の理由(わけ)

綺麗な袋に入ってリボンがかけられている・・・となると、プレゼントかな?と思うのが当たりまえheart01

ところがsign01

その品物は田んぼの中down・・・とくると、「捨てた」と思ってもしかたないでしょう。

それとも、突風に飛ばされたかな・・・

中は、スコットランド製のマフラーだった。

値札こそ貼っていないけれど、未使用とわかるくらいに札がぶら下がっている。

いろいろ考えたりするのは私の悪いクセcoldsweats01

1:気にいらない彼氏(または彼女)からのプレゼント。

2:プレゼントしようと買ったけれど、突風に飛ばされて取れない。

3:その他?

犯人は元に帰るというから、雨にぬれてもいいようにビニール袋に入れて、「落し物」と書いて田んぼに突き刺してきた。

いったいどうなってるの?

何日経ってもそのままですよ~sign02

スコットランド製のグレーのマフラー、いらないのですか~angrypunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年12月29日 (月)

まじめに聞いてあげよう!

入院中のS さんの話。

どうも、お腹に赤ちゃんができたらしい。

何か月も前から入院しているのに・・・なんでsign01ってかんじ。

この病院の産婦人科で診察を受けたいという。

早くしなければ出産してしまうsweat01

ということで、男の赤ちゃんが生まれて、あれよあれよという間に大きくなりました。

頭が良いらしくて、東京大学の医学部に合格しました。

そして今、頂いたお祝いの整理をしているそうです。

入院中のSさんは83歳。

とても明るい話題で、病院でも有名になったそうですよsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年12月10日 (水)

思いやりに欠けている?

何なんだろうね~saddown

中学1年生くらいの男の子が二人。

朝、友達の家の玄関先で、「〇○ク~ン、学校行くぞ~!」

と、ここまではいいのだけど・・・あれよ、あれよ、という間に、自転車が倒れた。

もう一人の男の子は、倒れた自転車をおこそうともせず、ただ見ているだけだった。

それも、ボウ~っと見つめているだけ。

普通は、自転車をおこそうとするんじゃないかな?

どうなっているんだろうね~sign02

そういった行為をすることを教えるのは「道徳」の授業?

それとも、家庭のしつけ?

難しくなってきたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年11月22日 (土)

かけひき?

今日言おうか、明日言おうか・・・

いや、まてpaper 年賀状で・・・という手もある。

ズルズルと一日延ばしにしているうちに、向こうから電話が入ったtelephonesign04

これはチャンスとばかりに、「今後とも末永いお付き合いをお願いしたいと思います」

「いや~、それはこちらからお願いしたいと思っておりました」

なんと調子良くまとまったものだsign01

一件落着ということで、さて、次はアレかなsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年11月14日 (金)

悪循環なのだ~

悪循環って面白くないsign01

〇○しないから、××する。

××するから、ますます〇○する。

何を言っているか分からないねwobblysweat02

あ~あ、悪循環の意味がよ~く分かったよ。

あっちがそう出るなら、こっちもこう出るとするかsign03

よっしゃ~impact まかせとけ~sign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年10月30日 (木)

疎遠になった友人

20年来の友人と疎遠になって丸一年経ってしまった。

なんとなく、お互いにいろんなことで忙しくて、連絡を取り合わないままだった。

たぶん、進む道がずれてきたのだと思う。

同じ目的を持たなくなると、電話やメールで確かめあう必要もない。

連絡したり、しなかったり・・・の延長が今になっている。

近況報告をしなくなってからが楽になったということは、これまでが負担になっていたのかもしれない。

年賀状は出そうと思うけれど、これからも疎遠のままの方が「ラク~」かもwobbly

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年9月 6日 (土)

早とちり

Kさんの自宅に電話した。

ダンナ様が出るか、本人が出るか・・・のどっちかだ。

ところが、だれも電話をとらない!

ということは、家にいないということ。

次は仕事場にいるかどうかだ。

彼女の仕事場は、蘭の農園である。

彼女は園主なのだ。

ここにもいなかったらアレしかないsign01

結果は・・・○だったhappy01up

ぎっくり腰をおこしていて、最近になって仕事ができるようになったそうだ。

今日は、小学生の農業研修の日だった。

私は、てっきりアレかと思ったよ。

生きていればお見舞いに行こうか、死んでいたら香典を送ろうか・・・。

早とちりもいい加減にせいsweat01

以前の愛さんのこともあるからね。

便りが無いのは元気な証拠というのはウソだと知っているから。

とにかく、良かった・良かったsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年9月 3日 (水)

生きているのか、死んでいるのか?

沖縄のKさんと連絡がとれないsadsweat01

メールの返事が返って来ないし、あれほど一生懸命だったブログの更新も滞っている。

いったいどうしたというのだろう?

考えられるのは・・・倒れたかもしれない・・・

入院しているかもしれない・・・

ご主人に聞いてみるのがいいかもしれない。

でも、もうしばらく待ってみよう。

驚くのはもう少し後の方がいい。

お互いにあやしい年齢だから、考えられることはアレしかないsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年3月 6日 (木)

被害妄想!?

ヤダ~! あのAさんがまた来た!!

ちょっと、ちょっと・・・と言って、私を人に見られない場所に連れて行く。

自分は誰かにやられている・電気を切られた・屋根の瓦をはぎ取られて雨漏りがする・貯金通帳を差し押さえられた・・・等々。

私には、これ全部心当たりがある。

電気料金を払わないから電気を止められた。

屋根の修理をしないから雨漏りがする。

税金の支払いが滞っているから貯金通帳を差し押さえられた。

それより、通帳に残高があるのか?

聞いてほしいから来たのだろうけれど、全く面白くない話だ。

話し相手に選ばれた人って、Aさんにとってどういう位置にあるのだろう。

しゃべって気持ちが楽になるのだろうか?

私はAさんが次の行動に出なければいいが・・・と不安になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月12日 (木)

生きる元気

霊感のある人に出会ったsign01

しかも、正反対のオーラが見えている人に・・・sign03

Aさんは、その人のマイナスばかりが見えるらしい。

会社の倒産もわかるらしい。

灰色のオーラをバックに歩く姿が見えると病気か何か良くないことに遭遇するらしい。

Aさんと話をしていても、ぜんぜん楽しくない。

「私のこともわかる?」と聞いてみた。

「あなたはいい人だから、何も見えない」と言われた。

ホッとしたけれど、会話が前向きではない。

その何日か後に、今度はBさんと出会った。

先ほどとは正反対に、幸せなオーラが見えるらしい。

明るい色ではない時には、ちゃんと進む道を教えてくれる。

いいことばかりを探してでも教えてくれる。

AさんとBさんとは、生きる元気というか勇気というかがぜんぜん違う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年11月28日 (木)

こんなことを知っていますか?

お墓やお仏壇に手を合わせている時のこと。

「南無阿弥陀仏~なむあみだぶつ~kissmark」って、心の中でお参りしている時。

合わせている両手がくっついて離れなくなるって信じますか?

今度チャンスがあれば試してみてください。

本当に離れなくなるからね。

ずうっと前から知っていたけれど、他の人はどうなのかな?

こんなこと初めて言いましたsign01

私の手は、「くっついて離れませ~んsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月24日 (木)

病院仲間!?

あなたは何歳? と聞きたいくらいに幼稚な人がいた。

いい年したオッサンの話に耳を疑った。

睡眠剤をもらいに来たそうだ。

本当に眠れないのかと思ったら、夜9時から夜中3時まで眠っているそうだ。

その後、3時から7時まで眠るために睡眠剤を服用するという。

6時間寝たら充分じゃないですか? と聞いた。

すると、自分は10時間の睡眠がないと1日身体が持たない!という。

睡眠剤が効いて翌朝はだるいのではないか?

名前も知らないオッサンは、「眠れない」のと「身体がだるい」の理由で病院に来ている。

待合室にはいろいろな人たちがいる。

人と人との会話を聞いているだけも楽しい。

いつもの人が来ていないと心配になったりする。

「体調が悪くて来れないのかな?」なあ~んてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月20日 (日)

明日は病院の日

そういえば、もう40日経った。

明日は病院の日だ。

病院といえば、整形外科の患者さんの中には、順番をとるために走って病院の玄関に入る人がいた。

どこが悪いの?と聞きたいくらいに元気だ。

そういう私だって、見かけは普通の人と変わらない。

いや少しだけ顔の左右のパランスが悪いかもしれない。

それに表情筋も完璧に治っていないし、グチをいえばきりがない。

自分しかわからないこともある。

右半分の顔の硬直だ。

本人しかわからないと思っていたのに、歯医者さんは気がついてくれた。

口を大きく開けることができなくて、歯医者さんにも行けなかったけれど、お口のケアを相談しに行ったところ、「ここが緊張していますね」とズバリ言われた。

わかってくれてありがとうsign01と言いたいくらいだった。

明日の先生の言葉もいつもの通りだと思う。

「お顔を見せてください」から始まり、いくつかの軽いテストがある。

口笛を吹くマネとか、アイウエオとか、まだ上手にできないけれど、いつかできる時がくるのだろうか?

すでに10か月が経過している。

自分としては「85点」かな?

やがて寒い季節がやってくる。

冷たい風が怖いなあwobblysweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月 7日 (月)

働いて働いて・・・

働いて働いて・・・86年の生涯を終えた。

霊園の都合で、死後3日も家に滞在(?)した人。

1日目は、「父さん、ありがとう!お疲れ様でした」

2日目は、「父さん、まだいるの?」

3日目は、「父さん、あなた長い間いたのね~」

人生で一番なが~い間、いっしょにいられた・・・という奥さんの話だった。

旦那様の横に布団を敷いてご遺体の守りをしていた奥さん。

これで最後となった。

この先、ずっといっしょにいたければお骨になってもらわないといけない。

「ああ疲れた! 父さんといるのも疲れたわ」

仕事に一生懸命だったお父さんのお相手もおしまいになったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«声掛けの違い