« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の2件の記事

2009年7月19日 (日)

「農業委員になりそうや・・・」

ほぼ決まったみたいなものだから、いつまでも黙っているのも何だから・・・父親に電話をした。

「私、農業委員になりそうや」

ホントは、「なりそう」ではなくて「なった!」が正しいと思うけれど。

「新聞みてビックリした! 広い地域でおまえしかいなかったか」

思ったとおりの返事がきたtelephone

本当やね~wobbly 広い地区なのに私しかいなかったのかね。

私は、自分で立候補したのではない。

頼まれて、頼まれて・・・女性農業委員が必要だと言われて・・・そうなった。

8月から3年間。家の仕事は半分しかできなくなるらしい。

私より夫にそのことを説明していた。

みんなからの推薦を受けてのことだから、今さらやめるわけにはいかない。

なったらなったで仕方がないから、できることを頑張るつもりだ。

勉強しなければならないことも多々あることだろう。

ひそかに思うけれど、私はこれをしなければいけなくて生かされているのかも知れない。

あれほどの病気を体験したにもかかわらず、後遺症も残らず(少しはあるが)元気に仕事ができる。

いろいろな役もまわってきている。

やり残したことはコレかも知れない。

だとしたら、精一杯のことをやるしかないsign03

未知の世界に不安と期待とが入り混じる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年7月11日 (土)

大好きなお花にかこまれて・・・

私は、残念ながら母の夢を見たことがない。

でも、夢を見た人が教えてくれた。

お花がいっぱいのところで、自分の車を探しているという。

これはかなり以前のことで、今となっては廃車されたことがわかっただろうし、探しもしないだろう。

「あの世に行った人は楽なんだろうなあ」と思ってしまう。

上から下の出来事を眺めているだけで、自分では何もできない。

してくれない方がこっちもいいけれど、見てくれているだけで満足なのだから。

報告したいことも数々あるけれど、わかっているならば黙っているし・・・。

まだ3年しか経っていないから(実際には2年間だけど)事故をおこした時間と場所は忘れない。

命日のその時間になると、キュ~ンと胸が痛む。

遺影を見るたびに、「人間の生きる時間って少ないなあ」と思う。

そして、今まで生きていたソレは何だったのだろう。

私たち子供を産んで育てて結婚させた・・・そのことが一番の大仕事だったのかなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »