« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の3件の記事

2009年8月28日 (金)

ささやかな大きな事件

覆水、盆に返らず・・・とでも申しましょうかgawksweat01

ささやかな大きな事件がおきた。

わが家が野菜をある店に並べているのを見てしまった某お店の店主。

「どうしてあそこに卸してうちに持ってこない!」と抗議の電話あり。

さっそく野菜を持参した。

またまた「あそこよりここが先だろう」というわけである。

「あそこは昔から付き合いがあり、最初から最後まで卸している」と言った。

それが気に入らなかったようだ。

今後の付き合いはやめる、というのだ。

何を言っているのか、しばらく理解できなかった。

はあ~ん、そうか。

これからは注文しないぞ!ということらしい。

これは毎年、難しい選択なのである。

野菜ができた時となくなる時のお店に対する優先順位。

どうしても売り上げの多い順になる。

そして、付き合いの古い順に残っていく。

私がお嫁に来る時に、「落とした言葉は拾えない。だから、言葉づかいに気をつけろ」と言われて来た。

何年か経ってわかり始めてきたけれど、商売をやっているからには優先順位というものがある。

内輪だけの決め事だけど、しまいには世間一般に知れるようになる。

野菜づくりは工場とは違う。

時期がくれば終わってしまう。

辛い辛い選択をしながら配達をするのもいやなものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年8月10日 (月)

もしも・・・が本当になった時

「元気になったら、輪島まで無料ご招待するからね」

「それを目標に頑張るよ」

スミちゃんが元気になって、3時間の列車に耐えられて外泊もできるようになったら本当に無料ご招待するからね。

私には宮ちゃんの反省がある。

会おうと思えば会えたものを、「もうちょっと、もうちょっと」と時期を延ばしたせいで、面会した時は遅かった。

生きていたけれど、遅かった。

おまけに「何かあったら携帯で知らせるから」を信じたのもおろそかだった。

結局、最後はどうなったのかがはっきりしない。

はっきりしているけれど、通知が来ないpencil

生涯ひとり暮らしだったからなおさらのこと。

スミちゃんの場合は、家族がついている。

私は、二度と大切なお友達を失いたくはない。

念ずれば叶うhappy01ことを信じたいsign01

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年8月 2日 (日)

ふたつの「いっしょうけんめい」

今日は一所懸命

明日からは一生懸命

同じような言葉だけれど、なんとなく違う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »